秋華賞

さあ、馬場重良の観戦が始まるぜ!まずは秋華賞について、レースの歴史や過去10年の平均配当、コースの特色、主な優勝馬などをウンチクたれたれ記載するぜ。

秋華賞に挑戦!馬場重良のクール観戦記だ!

これまで3歳牝馬三冠レースの花形と言われていたエリザベス女王杯にかわり、1996年に創設されたのがこの秋華賞。G1のなかでも比較的新しい牝馬3冠の最終戦なんだ。

ちなみに桜花賞やオークスなどのクラシック競走には指定されていないから、外国産馬の出走も可能だ。

コースは京都競馬場の内回りを使用。正面スタンド前にある直線の中間点からスタートするぞ。ポイントは1コーナーまでの短い直線距離。外枠は若干ロスがあるな。フルゲートなので先行争いが激しいのも特徴だ。

3、4コーナーで馬群が密集するので、紛れも生じやすくなっているんじゃないか。予想サイトなんかでも、前走上がり3Fの速い馬に注目しているようだ。

あのレースはスゴかった!
主な優勝馬と名場面

  • 2015年勝馬:ミッキークイーン
  • 2012年勝馬:ジェンティルドンナ
  • 2008年勝馬:ブラックエンブレム
  • 1996年勝馬:ファビラスラフイン

秋華賞の多くはだいたい人気馬が上位を独占する傾向にある。それでも波乱なレースになる年もある。

たとえば記念すべき第1回の1996年。この年は、オークス馬エアグルーヴが断トツの1番人気。ところがよう、レース前のフラッシュでパニック状態になってな、惨敗さ。

2008年には人気上位の馬が総崩れ。この年、管理人馬場に奇跡が起こり2着のムードインディゴ(8番人気)から流して馬連2万円馬券をゲット!伏兵馬が激走して大波乱の展開になったぞ。結果、3連単の配当がJRA・GIの史上最高額の10,982,020円となって驚いたもんだ。

管理人馬場が勝つか!無料情報の競馬予想サイトが勝つか!それが問題だぜ!

無料予想サイトの情報は当たるのか?
秋華賞の馬券購入してみた

きょうは秋華賞。しっかし、きょうの日付ってやつには、はっきりいっていい気がしないぜ…。

「あたしと競馬、どっちが大事なのよ?」「あんたのやったことを考えりゃ、競馬のほうが大事だぜ!」

「…」「あんたなんか、質屋に入れたって馬券代の質草にもならねえよ!」

ってなわけで別れた。そう、8年前のきょうという日にだ…。

東京競馬場の正面スタンドだぜ!

まあ、いい。気を取り直してレースを検討するぜ。しかしな、おれも最近は忙しすぎていかん。普段は1レースからひねもすのたりと予想してっと。

さて、東京競馬場はやはりいいもんだ。どうだい、この広々した競馬場ときたら!ユーミンの『中央フリーウェイ』。右に見える競馬場、左はビール工場。さて、秋華賞だ。

今年はオークス馬シンハライトの故障で本命馬が不在。しかもオークス2着チェッキーノもいない。他の有力馬となれば、トライアルの紫苑S1~3着で順にビッシュ・ヴィブロス・フロンテアクイーン。あとは桜花賞馬なんだけど、トライアルのローズSで11着に惨敗したジュエラー

意外に難解!秋華賞だ

このレースは毎年難解を極めるぜ。とんでもない配当が昔はよく出たもんだよ。ブゼンキャンドルやブラックエンブレム、大本命でむちゃんこ強かったエアグルーヴは馬群に沈んでよ。今年はシンハライトがいないのもあり、やはり手綱を締めないといけないぜ。

さあ本番は京都競馬場芝2,000mの内回りで行われる。このコースはかなりタチが悪い。内回りコースだと幅員がないんだ。そんなもんだから各馬は3、4コーナーに殺到する。コース形態を考えると5枠から外枠の馬はカットだ。

  • 馬場の格言その1:【フルゲートで京都内回り芝2,000mの場合、5枠から外は消す】

さてさて、前哨戦を回顧するぜ!

次に前哨戦を振り返るぜ。

●紫苑S(中山芝2,000m)

走破タイムが例年2分を切るのは珍しくない。でもこの時期、中山は開催が終了しかかるので馬場は荒れ気味。そう考えると勝ったビッシュの1分59秒7はいいと思うぜ。しかも前半5Fのよどみない流れを3角まくりで差し切っているから、有力候補の1頭に間違いない。

不利を受けながらも2着ヴィブロスはよく伸びてきた。この2頭は有力候補だな。3着のフロンテアクイーンは着差が大きくてカットだ。

  • 馬場の格言その2:【1、2着は捨てがたいのでキープ】

あとな、今までの話と矛盾はするが、5着のパールコードはいい馬なんだ。5カ月の休み明け、多少の重め残りだったからな。この馬の2走前フローラSは見事なレース運びだったし(結果2着)、オークスに出ていれば間違いなく上位人気だったぜ。

  • 馬場の格言その3:【5着だったけどパールコードは1点入れる】

●ローズS(阪神芝1,800m)

いやあ、これは微妙なんだよね。勝ったのはシンハライト。結局この後に故障が判明して、本番を断念。シンハライト以外は?しかない。秋華賞の渾身の馬券なんだぜ!

馬場の格言その4:【今年のローズS組は微妙】

まあ、どのレースも難しいからな。競馬に絶対はないぜ。予想する記者がたくさんいても、その人たちの予想を信じるも信じないも、皆さん次第。とにかく自信を持っていこうぜ!

さてあと10分後に迫った本番だ。で、馬場の結論は右上の馬券を見ておくれ。

馬場の下した決断はッ!そして…

さて、展開の予想はバッチリだ。馬券の予想は3連単フォーメーションで組んだぞ。さあて、スタートだ。

前半5Fが60秒を切るペース。なかなか速い流れだ。

しかし…。2番ジュエラーがもどかしいほど伸びない。内枠取ってこのザマとは、やはり距離なのか?ジュエラーよ?

よりによって、先週のスプリンターズS芝1,200mの内枠で○タ乗りかました福永祐一騎手にしてやられたぞ。しかも3着がいらないぞう。5枠から外は消しも突っ込んできたのは15番って。まあ、負けは負けだ。来週だ次だ次だ!トホホのホよ…。

勝馬は大魔神佐々木さん所有のヴィブロス。いやあ、15番がいらねーよう。

【免責事項】このサイトは管理人の馬場重良が、2017年5月現在の情報を基にアップしているんだ。おすすめ3サイトを参考にするもよし、各競馬予想サイトを参考にするもよしだからな。馬券を買うのは皆さん。外れても恨みっこなしにしようぜ!
詳しく見る 無料情報でも的中率が高いおすすめの競馬予想サイト3選 評判を呼ぶ無料情報の競馬予想サイトは?
無料競馬情報比較サイト管理人・馬場重良

馬場重良
(ばば・しげよし)

40代独身。競馬歴は小学校6年から32年。そう、シンボリルドルフとの出会いが競馬との出会いさ。予想家ではなく、本職は大学の准教授。担当は国際政治学で専門は「南米(スペイン語圏)の地域紛争(特にペルー・エクアドル間)」だ。なもんで顔出しはNG。ちなみにヌーノ・ベッテンコート(ギタリスト)に似ていると言われている。好きなアーティストは氷室京介に宮本浩次、草野マサムネ。作家だと谷崎潤一郎、永井龍男だね。好きな歌はベリンダ・カーライルの「Runaway Horses」。好きなバンドはマキシマム ザ ホルモンとThe Smashing Pumpkins。