無料?競馬予想サイト » 競馬予想のコツと雑学をわかりやすく伝授! » 競馬がもっと楽しくなる!競馬予想にある記号「予想印」を解説

競馬がもっと楽しくなる!競馬予想にある記号「予想印」を解説

競馬新聞や雑誌・予想紙、競馬予想サイトの予想欄には、対象レースの情報や出走馬データのほかに、◎や○などの記号が記載されている。

競馬初心者の中には、この記号の意味がわからない人も多いだろう。予想欄にある記号は「予想印」といって、出走馬と騎乗騎手の評価を記号化したもので、なんと大正時代から採用されている日本独自のものだ。

極端な話、予想印を知らなくても競馬はできるが、この記号の意味を知ることで競馬予想がもっと楽しくなるはずだ!

今回は、競馬予想に欠かせない予想印の意味を詳しく解説していくぞ! 知らないとさっぱりわからないものだが、実はとても単純なので、この記事を読み終わるころには完全に覚えているだろう。

「予想印」基本的な4つの記号◎○▲△

予想印は、競馬専門の記者や評論家などが「予想者」としてレースの出走馬を評価する。 ◎や○が並んでいる様から、予想印は俗に「ダンゴ」と呼ばれることも。その流れから、予想印の記号を打つことを「ダンゴを打つ」、予想者を「ダンゴ打ち」という人もいる。 評価対象は出走馬や騎乗騎手の能力・調教内容・厩舎情報など。しかしその評価基準・方法はさまざまで、予想者によって選ぶ勝ち馬の傾向も違う。

「本命◎」その名の通り!レースで勝つ可能性が最も高い馬

記号の特徴を表して、「デンデンムシ」「グリグリ」と呼ばれることも。レースで1着になる可能性が高い馬に打つ。そのレースにおいて、特定の出走馬(またはジョッキー)の能力や実績が突出していると、複数の◎が集中することもあるぞ。逆に◎印が分散して人気が割れる場合もある。

「対抗○」本命馬を負かすとしたらこの馬!

本命に次ぐ二番手。または、本命をかわして勝ち切れるだけの確かな実力がある馬には、対抗として○を打つ。

「単穴▲」展開次第で本命・対抗に勝つかも!?

対抗に比べると信頼度はやや劣るという意味で、単純に三番手として▲を打つ場合と、展開次第では本命や対抗に勝つ「一発」を持っている伏兵として打つ場合がある。

「連下(複穴)△」1着は無理でも2、3着になる可能性アリ

1着の可能性はかなり低いが、2着、または3着以内に入るだろうと予想される馬に打つ。出走頭数が多いレースなどでは、評価を細分化させるために 「二重△」や「△の横に小さい1」などがある。パソコン上ではうまく表記できないのが残念だ。

地域や媒体によって解釈が異なる予想印

そのほかに

「✕(バツ)」や「☆(ホシ)」

「注(チュウ)」などの記号を打つ場合もある。

「✕(バツ)」:関西圏では△の下の評価として打つことが多い

「☆(ホシ)」:基本的には連下もしくは連下以下だが、注意が必要な馬に打つ

「注(チュウ)」:可能性は限りなく低いが、もしかしたら「一発」があるかも……

といった場合に打つ。紹介した打ち方は、あくまで使用例の一部。地域や新聞によって解釈が違うこともあるので、もしこの記号に出会ったときは注意が必要だ。

競馬予想の予想印はあくまで参考程度に!

「安定して当たりを出す予想者」や「重賞レースに強い予想者」など、予想者の実力や個性はさまざま。ある程度競馬予想を見ていると、自分の中で「相性の良い予想者」と、「イマイチ信用できない予想者」が出てくるのも面白いところだ。予想者は培った競馬知識と、ときにはトレセンや厩舎まで自ら足を運んで得た膨大な情報によって予想を立てている。

しかし、「100%的中」する神様のような予想者は当然存在しない。予想印はあくまで参考程度に留めておこう!

競馬予想サイトで当てるためにこの用語は知っておけ!

競馬の予想をするなら知っておくべき用語はまだまだある。用語がわかれば、競馬新聞や競馬予想サイトで公開されている情報も簡単に理解できるようになるぞ。

こればっかりは用語を知っているかどうか、マークや用語を見てぱっと頭に意味が思い浮かぶかどうかにかかっている。最初は誰でも競馬用語の初心者なんだから、焦らず自分の予想に必要な用語から、少しずつ覚えていくことをおすすめするぜ!

それじゃあ、必要な用語をバンバン紹介していくから、ぜひ覚えていってくれ。

予想的中!払い戻し金倍率を示す「オッズ」

オッズとは、その馬の単勝馬券を買って当たった場合、「何倍の払戻金」があるかを示す倍率だ。たとえば、オッズが10.0だったら、100円の単勝で1,000円戻ってくることになる。基本的に、オッズは人気の高い馬ほど低くて、人気のない馬ほど高くなるから、狙っている馬の人気を見ればなんとなくオッズも見えてくる。

ただ、事前予想じゃ人気がなくてオッズが高い馬でも、当日の仕上がりや騎手の腕によって大勝ちする場合だってあるから、必ず目をとおすようにしておこう。

レースは馬のコンディションが命!「馬体重」

馬体重は、馬の体重増減を示す情報だ。前回のレースから体重が増えたのか減ったのか、それとも維持しているのかを教えてくれる。たとえば、馬体重に500(+2)と書いてあれば、前回より2キロ増えて体重が500キロになっているってわけ。

基本的に、体重が増えている馬は上り調子の場合が多い。馬券を買う予定の馬がかなり体重を落としている場合、前のレースと同じくらいの力を発揮できるか、疑ったほうがよいかもな。

軽いほど馬が楽で有利!「負担重量」

騎手本人や騎手の服、装備を含めて馬が負担しなければならない重量のことだ。騎手の体重が軽すぎて負担重量に届かない場合、当日はレースに出ることができない。負担重量の決まり方は、馬の年齢と性別で決まる場合と、別定といって戦績なども含めて決める場合がある。

当然負担重量は軽いほうがレースに有利だから、若馬や若手騎手だと負担重量は軽くなるわけだな。

勢いの若馬かキャリアの老馬か!「性齢(馬齢)」

馬の性別と年齢のことだ。これはわかりやすいな。

乗り手次第で大波乱も!?「騎手」

レースでだれが乗るかも重要だ。騎手と馬の相性がよければ、思わぬレース展開になることだってある。

勝負の分け目はここかも?「厩舎(調教師)」

厩舎や調教師がだれなのかがわかる情報だ。馬の仕上がりは、だれが調教したかによって大きく左右されるぞ。ベテラン調教師ならばっちりレース当日に仕上げてくる。当日見ることができる馬の毛艶や態度、馬体重などを見て、調子がよいかどうかを判断して馬券の購入を決める人も多い。

◯地や□地って何のこと?

ここでは、馬の名前の前についているマークを説明していこう。

主に代表的な4種は以下の通りだ。

  • ◯地…JRAに競走馬登録時、既に地方競馬に出走したことがあり□地以外の馬
  • □地…中央競馬指定交流競走に出走する地方競馬所属の馬
  • ◯外…外国産馬であり□外以外の馬
  • □外…国際交流競走に出走する外国調教師の管理馬

(牝)

牝馬しか出走できないレースを指すマーク。

(若手騎手)

勝利度数が100回以下で、騎手免許を取ってから7年以内の若手騎手が騎乗できるレース。

(見習騎手)

勝利度数100回以下で、免許の取得から5年以内の騎手は見習騎手と呼ばれるぞ。見習騎手がレースに出る場合、「▲」「△」「☆」マークがつく。それぞれ、勝利度数が30回以下、31回以上50回以下、51回以上100以下であることを示すマークで、見習騎手はハンデのために1キロから最大3キロまでの減量が認められている。

まだ実績がなく腕も未熟な代わりに、減量して有利な状態でレースに出るわけだ。この制度があるから、若手もベテランと互角に戦うことができるわけだな。

【免責事項】このサイトは管理人の馬場重良が、2017年5月現在の情報を基にアップしているんだ。おすすめ3サイトを参考にするもよし、各競馬予想サイトを参考にするもよしだからな。馬券を買うのは皆さん。外れても恨みっこなしにしようぜ!
詳しく見る 無料情報でも的中率が高いおすすめの競馬予想サイト3選 評判を呼ぶ無料情報の競馬予想サイトは?
無料競馬情報比較サイト管理人・馬場重良

馬場重良
(ばば・しげよし)

40代独身。競馬歴は小学校6年から32年。そう、シンボリルドルフとの出会いが競馬との出会いさ。予想家ではなく、本職は大学の准教授。担当は国際政治学で専門は「南米(スペイン語圏)の地域紛争(特にペルー・エクアドル間)」だ。なもんで顔出しはNG。ちなみにヌーノ・ベッテンコート(ギタリスト)に似ていると言われている。好きなアーティストは氷室京介に宮本浩次、草野マサムネ。作家だと谷崎潤一郎、永井龍男だね。好きな歌はベリンダ・カーライルの「Runaway Horses」。好きなバンドはマキシマム ザ ホルモンとThe Smashing Pumpkins。